弁護士費用について

弁護士費用について

弁護士費用としては、着手金報酬金がかかります。

■着手金は、事件処理の依頼をお引き受けするときにかかる費用です。
事件処理が成功してもしなくてもかかります。
■報酬金は、事件処理の終了後にかかる費用です。
事件処理の成功の程度に応じてかかります。
ですから、完全に負ければ、報酬金はゼロです。
■実費(印紙代、郵券代、交通費、通信費、コピー代など)は別途かかります。
■出張を要する場合には、日当がかかります。
丸一日の場合50,000円+税、半日の場合30,000円+税です。

必ず、ご依頼を受ける前に金額と計算根拠についてご説明し、契約書を作成します。
その段階で、事件の処理方針や費用にご納得いただけない場合には、無理に依頼を迫る
ことは決してありませんので、ご安心ください。
事件処理のご依頼に至らない場合、法律相談料(30分単位で5,000円+税)のみを申し受けます。

1.金銭の請求 (相手にお金の支払いを求める場合)

2.離婚事件

3.債務整理(借金の整理)

(1) 自己破産

自己破産

(2) 任意整理

(3) 個人再生

4.刑事事件(成人の事案簡明な事件)

(1) 着手金
ア 起訴前:20万円 ~50万円(税別)
イ 起訴後:30万円 ~50万円(税別)
但し、起訴前(求略式命令の事件を除く)から引き続き受任の場合は10万円~25万円

(2) 報奨金

5.裁判外の手数料

PAGE TOP